NEWS | PuREC / 島根大学発バイオベンチャー

Category
JHVS2020 Venture Awardを受賞しました

JHVS2020 Venture Awardを受賞しました

令和2年10月14日〜16日に開催された「ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット2020」において「90秒エレベーターピッチ」に弊社の森下が登壇し、特に優れたピッチを実施したベンチャー企業8社のうちの1社としてPuRECが選出されました このVenture Awardは、 医薬品、医療機器、再生医療等製品に結びつくこ...
関節疾患に対する新規治療についての共同研究開始のお知らせ

関節疾患に対する新規治療についての共同研究開始のお知らせ

国立大学法人島根大学(島根県松江市、学長:服部 泰直、以下「島根大学」)、PuREC 株式会社 (本社:島根県出雲市、代表取締役社長:小林 祥泰、以下「PuREC」)および持田製薬株式会社(本 社:東京都新宿区、代表取締役社長:持田 直幸、以下「持田製薬」)は、関節疾患に対する新規治 療についての共同研究(以下「本研究...
島根大学 竹谷先生と進めてきたRECのプロジェクトが、AMED再生医療実用化研究事業に採択されました!

島根大学 竹谷先生と進めてきたRECのプロジェクトが、AMED再生医療実用化研究事業に採択されました!

島根大学 小児科 竹谷教授とともに組んできた、低ホスファターゼ症に対するREC治療の開始に向けて、いよいよ本格的に医師主導治験実施準備に入ります。この採択を受け、2020年度中に治験届出、2021年度中に患者さんへの投与開始を目指します。 再生医療実用化研究事業(一次公募)」の採択課題について
mAbProteinと難病治療実現に向けた共同開発研究を開始しました

mAbProteinと難病治療実現に向けた共同開発研究を開始しました

PuRECでは完治が困難な低ホスファターゼ症に対するREC治療の実現のため基盤技術開発に取り組んできました。そこで高い抗体作製技術を持つ島根大学発ベンチャーmAbProteinと共同開発を行い、自社技術をさらに安全で効果的なものにしたいと考えています。 https://mabprotein.co.jp/
イノベーション・ジャパン2019に出展しました

イノベーション・ジャパン2019に出展しました

8月29, 30日の2日間、東京ビッグサイトで開催されたイノベーション・ジャパン2019にPuREC+名古屋大学(加藤グループ)が出展し、AIを使って細胞品質を自動的にモニタリングする技術をご紹介しました あいにく加藤先生も弊社松崎も他用で参加できませんでしたが、加藤研の学生さん達の大活躍で技術を十分紹介できたと思いま...
第三者割当増資を実施、総額5.8 億円調達

第三者割当増資を実施、総額5.8 億円調達

PuRECはこのたび第三者割当増資を実施し、総額5.8 億円を調達しました。 今回の資金調達により、低ホスファターゼ症をはじめとする再生医療パイプラインの臨床開発及び高純度間葉系幹細胞の製造、品質管理技術の開発を進め、企業価値の更なる向上に努めてまいります 【割当先概要】 • 富士フイルム株式会社 • ファストトラック...